2011/11/26 土曜日

ホームページリニューアルにあたり・・・。

Filed under: 未分類 — aizawa @ 14:43:30

古書店に本を売却する際に、あらかじめホームページ上で自動で見積もりができるサービスがあるようです。

古本の買取を依頼するお客様側から考えますと先に幾らで売れるか知れますので
納得、安心して、本を送付できるというメリットがあり、大変素晴らしいなと思いました。

「市場価格で査定」とのことですので、試しに幾つかのサイトで確認してみますとなるほど、殆ど同じような査定金額となります。

調べてみますと、謳われている市場価格というのは、オンライン書店Amazonのマーケットプレイスという古書販売サイトの金額が元になっているようです。

仕組みは、Amazonが提供しているProduct Advertising APIというものを利用し、ISBNナンバーから、アマゾンマーケットプレイス上の出品価格の最安値価格データを取得し、その価格を元に(例えば×0.2とか設定して)自動的に見積もり金額を算出するものです。

この買取のモデルは、お客様にあらかじめ買取価格を提示できるのみならず、

どの分野の本でも、知識なく買取できる。
お客様にISBNデータを作っていただくため、Amazonでの販売登録時に手間が掛からない。
不要な本の査定額を0円設定するなどして、必要な本のみ集めることが出来る。
など書店側にもメリットがあります。

プログラム的にもそんなに大掛かりなものではなさそうですし、ホームページリニューアルにあたり、サービスの一つとして当店のホームページにも設置を・・・という淡い誘惑がありましたが、

元となるマーケットプレイスの価格と当店の価値観があわない。
そもそも、アマゾンで販売していない。
ISBNナンバーがなくても良いものは沢山あるのに・・・。
市場価格ってアマゾンの価格なの?というような気持ち・・・。日本の古本屋があるじゃないか。

というふうに、明確でクールなシステムに憧れながらも
旧世代的古本屋の価値観?からかディレッタント的古本屋(嘘です)の意地からか、このシステムは、不採用となりました。

これからも、今まで通りの買取ポリシー、学術系図書、専門書を出張買取で。
「おやじの古い本だけど来て見て判断して欲しい。」「量が多いので取りに来て欲しい。」
というようなご要望に真摯に応えていこうと思っております。

この業界に入って15年以上、専門書ばかり見ていますので、その知識をもってお見積もりいたします。

和本、明治大正時代から現代まで年度にかかわらず、古本、古書の買取いたしますので
蔵書ご整理の際には、ご連絡いただければ幸いです。

買取案内:http://www.aizawashoten.com/
電話:03-5815-8960
メール:aizawa@aizawashoten.com

次のページ »

HTML convert time: 0.112 sec. Powered by WordPress ME